ゴジラほぼ初心者の私が、映画『ゴジラ-キングオブモンスターズ』を見た感想(レビュー)

ゴジラほぼ初心者の私が『GODZILLA – KING OF MONSTERS』を見た感想(レビュー)

公開日翌日に見に行って決ました! 

実は、ゴジラを映画館で見たことはほとんどありません、、、笑

そんなやつがレビュー書くなって話ですよね、、、

ただ、そんなほぼ初心者、にわかファンだからこそ伝えられることがあるのではないかと思い、感想を書いてみることにしました!

ほぼ初心者でも楽しめた『GODZILLA-KING OF MONSTERS』の見所をご紹介したいと思います!

(見所や考察が含まれますのでネタバレとなる部分が一部あります。)

怪獣達の激しいバトルがすごい!

皆さんはゴジラの映画を見るとしたら、どういう映画を期待しますか?

私は、間違いなく、怪獣どうしでバチバチ闘り合うところが見たいです!

同じような気持ちの皆さんには、今回のキングオブモンスターズはとーってもおすすめです。

これまでの映画ゴジラに登場する、怪獣の中で、登場回数上位の4体が登場します。

ゴジラ、モスラ、ギドラ(キングギドラ)、ラドン

ラドンを除いて、主演を張れる人気怪獣です。

モスラなんて、モスラが主役の映画もいくつかあります。

そんなオールスターがハリウッドのCGを駆使した映像力でスクリーン中を暴れまわるんです!

すんごい迫力なんですよ、これが。

バキバキ殴りあったり、掴みあったり、光線をバンバン飛ばすんですよね。

しかも、公然発射する前の「間」がすごいんですよね。

ちょーどいい、溜めと、発射した後の凄まじい威力。人間の貧弱さがよくわかります。

もちろん、これまでのゴジラ作品もすごいんですけどね、やはりハリウッドはすごいんですねぇ。

ちなみに、モンスターバースシリーズは3作品目なのですが、バトルシーンに関しては、第一段のGODZILLAにはがっかりさせられました。
夜に怪獣達の戦いが行われるので、何がどうなってるのかまるでわかりません。
これはひどいです。

それに比べて、第二段となるキングコングは、キングコングの圧倒的な強さと知性がこれでもかと描かれていて、大変満足のいく内容でした。

そのあとの3作品目のゴジラキングオブモンスターズは、日本版とはまったくかけ離れたオリジナルのストーリーになるのだろうと、全く期待をせずに見に行ったのが正解でした!

なんと、日本版のストーリーが元となっている部分がたくさんあるのです!

ハリウッド映画だが日本版ゴジラへのリスペクトがすごい!

何がすごいかって、オリジナルへのリスペクトです。

名探偵ピカチュウも、原作の音楽やキャラクターづくりにこだわっていましたよね。

ところで、ハリウッド版のソニックはキャラクターイメージがファンのそれとかけ離れすぎていたこともあって、キャラクターデザインがやり直しになりましたよね。

それだけ、オリジナルへの配慮はかかせないもの、今回のゴジラはどうだったのでしょうか?

結論からすると、◎です!

とくに、ギドラの作り込みはすごいですね。

ギドラって、これまでの作品の中では、狂暴に描かれているものもありますが、人間の味方として登場することもあるんですよね。

その点、今回のギドラは、原作の宇宙からの侵略者説が踏襲されている点は大正解だと思います。

また、悪そうなヤクザの表情のような(笑)ギドラの顔もすごい迫力です。

ギドラが人間を見つるときに、ゆっくりと振り向くシーンとかも恐怖を感じてしまい、必見です。

人間のことを探し出そうと暴れるところとか、まるでホラー映画のようでもありました(笑)

さらに、今回ゴジラに食らわせて致命的なダメージを与えた、オキシジェン・デストロイヤーですが、今から50年以上前に公開されたゴジラ一作品目に登場する武器なんですよね。

これが登場したことには驚きました。
モンスターバースシリーズ第一段では、オリジナルの要素はほとんど見られなかったためです。

また、音楽も、ゴジラのメインテーマやモスラのテーマ曲なんかも大音量で流されて、大興奮です(笑)

え、ゴジラ=ヒーロー(人間の味方)!?

ただ、若干気になるのが、ゴジラが人間の味方をしすぎることです。

ゴジラとギドラの闘いを後ろからヘリコプターが援護するようなシーンもあり、少し残念ではありましたが、まあ、ゴジラは知性が非情に高いという設定もあるので、無理すぎる設定とも言えないかな~と、なんだかんだ納得できました。

ハリウッドの映画って、ヒーローものが多いので、怪獣版のマーベルシリーズみたいになっていくんじゃないかって思っちゃいましたね(笑)

人間がギドラに攻撃されそうになると、ゴジラが助けてくれたり、最高のヒーローです。

やや無理がありましたが、人間と共闘(共存)できるようになった設定は、人間としては嬉しい設定です(笑)

このあとの展開が楽しみになる!続編も気になる!

次回作は、「ゴジラVSコング」と決定しています。

個人的には、ゴジラもコングも人間のことを理解する知性がある存在であるだけに、どのように闘うことになるのか、その設定に特に注目したいところです。

さて、ギドラは宇宙から来たという設定が今回の映画では踏襲されているとお話ししました。

これからのGODZILLAの続編について、宇宙というフィールドも使った展開が考えられるようになった意義はとても大きいです。

というのも、ゴジラ映画では、宇宙の物質なんかも使った設定が結構出てくるからです。

つまり、宇宙怪獣達も今後登場する可能性があるのです。

例えば、スペースゴジラやオルガなんかは、顕著な例だと思います。

また、前述した、ゴジラに決定的なダメージを与えるオキシジェンデストロイヤーですが、これが使われたということは、それによって誕生した「デストロイア」という最強の怪獣が登場する可能性もあるのです。

げんさくでも、めちゃくちゃ強かったです。こいつがハリウッド版で出てきたら、ほんとにすごいでしょう。

さらに、エンドロール後に登場するギドラの首ですが、これを使って、オリジナルでも登場したメカキングギドラへの布石にもなりそうです。

その他にも、17体の怪獣が活動し始めた設定なので、今度はどんな怪獣が暴れだすのか楽しみです仕方ないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました