スターバックスコーヒーで『コーヒー1杯で2時間居座る』こと(客)はダメなのか?

スポンサーリンク

スタバで『コーヒー1杯で2時間居座る』こと(客)はダメなのか?


私は、仕事や読書、ちょっとした勉強をしたいときにスタバを利用します。
スタバで何時間もコーヒー一杯で粘る人っていますよね。

文句を言う人もいますが、果たして、それはいけないことなのでしょうか?

そもそもスタバのCEOのシュルツ氏は、スタバを『サード・プレイス(第三の場所)』と位置付けています。
つまり、自宅、仕事場ではない三番目の場所であり、友人と話すもよし、1人で過ごすもよし。

今までにはない場所(空間)を『提供する』ことで、コーヒーを飲みに行くだけのカフェではなく、自分らしく過ごせる癒しの空間にしたのです。

そのため、スタバで勉強をしたり、仕事をしたりすることは悪ではありません。

もちろん、モラルやマナーの問題でもあり、周りの方に不快な思いをさせてはいけません。

お金払ったお客様は神様、というのも今の時代は古い考え方でしょう。

混雑してきたな、と感じたら席を空ける。

荷物置きのために隣の席を利用しない。
長時間滞在するときは、それ相応の買い物をする。
お店が◯時間まで滞在可能、と決めたルールには従う。

このような気配りをすることで、お店側にも他の利用者からも理解が得られることでしょう。

ちなみに、これは持論(勝手な解釈)ですが、毎日二時間利用する顧客の方が、1週間に1回フラペチーノを飲みに来る顧客よりも歓迎されるのではないでしょうか。

というのも、常連客は、わざわざ混み合った時間には行かないので、ピーク時間帯と重なりません。

その時間で1杯350円のコーヒーを一杯頼むのです。
週5日行く常連客は350円×5日=1,750円の売上になります。
月にすると、7,000円、年にすると、84,000円の売上になる訳です。
フラペチーノを飲みに混む時間帯にやってくる顧客は週に1回で700円の売上なので、700×4日×12月=33,600になります。

しかも、混み合う時間帯で、この顧客が2時間もいられてしまうと、混雑時間帯の回転率が下がり、混んでるから来店を躊躇う顧客もいるかと思います。
つまり、お店側もコーヒー一杯で二時間粘る常連客を必ずしも拒むことはしないはずです。

むしろ、スタバのコアのファンを作ることこそ、CEOの理念にかなっていて、さらにお店の売上にも繋がることになるのでしょう。


結論として、スタバで勉強することを躊躇う必要はありません!ただし、時間帯やモラルには気を付けましょう!

※この記事がほんの少しでも役に立ったと感じたら以下を押して応援してもらえると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

以下の記事も参考にしてみてください。
『【勉強場所】スターバックスコーヒーをおすすめする理由』

タイトルとURLをコピーしました