カフェで何をするべきか?カフェに行く習慣がない人にこそ伝えたい効率的な活用方法

スポンサーリンク

カフェに行く習慣はありますか?私はカフェには週五回くらい行くときもあります。ほぼ毎日ですね。行く時間帯は、平日だとオープンしたばかりの朝と仕事後の閉店前の時間が多いです。休日は混み合う時間を避けて午前中に利用します。

※カフェの空いてる時間を知りたい方は以下の記事を参照ください。

『元カフェ店員が教えるカフェの空いてる時間帯(傾向)~スターバックスコーヒー編~』

元カフェ店員がカフェの空いてる時間帯を自分なりに考察してみた  ~ベローチェ(VELOCE)編~


そんなヘビーユーザーは私だけではないはずです。よく見かける常連さんも多数います。そして何より、私自身が以前カフェに勤めていて、お客さんが何をしているか見てきました。
そこで今回は、カフェでは何をすることが最も効果的な利用方法かお伝えしたいと思います。
※当然、カフェでの過ごし方は自由です。しかし、せっかくリラックスできる空間なのですから、充実したひとときを過ごして欲しいと思うからこそご提案させていただきたいと思います。不快な思いを感じた方は前のページにお戻りください。

スポンサーリンク

①【大前提】カフェのコーヒー代は場所代と考える

カフェに行く習慣がない人にとって、カフェでコーヒー1杯飲むために300~500円もかかるのって、理解できないのではないでしょうか?まずは、そこから説明していきます。カフェだけではないのですが、全てのお客さんは、カフェでコーヒーを買うと同時に、店内の席を利用することができるようになります。必然的に、その空間を利用する権利を得ることになるわけです。つまり、退店するまでその場所を利用する場所代も払っていることになるわけですね。例えば、1時間1席を借りたと思うと、なんだか、その時間を無駄にはしたくないと感じてきませんか?そんな大前提で、読み進めてみてください。

スポンサーリンク

②【過ごし方1】スケジュール管理

私の場合、朝一でカフェに行って、前週にしたことの確認と今週の予定を確認するようにしています。さらに、週の予定を、日単位に落とし込んでいって、1日1日をどのように過ごすかを週の頭に決めてしまいます。詳細にして、仕事と同じでタスク管理します。前週の予定確認というのは、前週のノルマ達成状況の確認のようなもので、週の予定として決めたことの何割が達成できていて、できなかったことをいつやるか決めていきます。
このとき、あまりガチガチに決めすぎずに、余裕をもってスケジューリング管理をすることをおすすめします。というのも、スケジュール管理は、やればやるほど厳しくできますが、達成できない日が続くと、挫折に繋がる可能性が高いからです。しかし、週の最初にカフェでスケジュール管理ができるようになると、とても気持ちよく1週間を迎えることができるようになります。静かな朝のカフェにこそオススメですので、是非取り入れみていただきたいところです。

ちなみに、スケジュール管理について、私が参考にしている書籍があります。以前書いた記事をアップしておくので、ご参考までに。

『やりたいことを全部やる!時間術』 臼井由紀著がオススメです!

スポンサーリンク

③【過ごし方2】目標設定、確認

若干内容は被りますが、週の目標設定と達成状況を確認することも定期的にやっています。私は年始に、今年は何をどこまで実施するかという中期的目標を設定することにしています。それらを12分割して、毎月の目標達成状況を確認するため、あえてカフェに行くようにしています。通勤中の混雑した電車内や仕事後の疲れた脳みそでは、あまり目標の達成状況を踏まえて、ポジティブな改善等に繋げていくのが難しくなることが多いと思うからです。短期的なスケジュール管理とともに、中長期的な目標管理もカフェで行うのが、効果的なカフェの活用方法のひとつです。

スポンサーリンク

④【過ごし方3】ビジネス書を読む

続いて、ビジネス書を読むことです。ありきたりですみません。もちろん、通勤中や家でも読むことができます。しかし、カフェで読むべきことには、理由があります。例えば、難しいビジネス書の場合は、通勤中に難解な用語が出てきたときに、検索するのは難しいです。また、乗り換えなどで、中途半端なところで読むのを中断しなければなりません。これは大きなデメリットです。家で本を読むことができる人は、わざわざカフェに行く必要がないかもしれませんが、家では難解なビジネス書を読んでると挫折したり、眠くなったりしませんか?そうなると、結局全然進まずに時間だけが過ぎることになってしまいます。なので、カフェでビジネス書を読むことが効果的だと思い、定期的に読書をするように心掛けています。ちなみに、ビジネス書に限定しているのは、小説だとどこでも楽しく読みやすい場合が多いからです。しなし、古典とかの場合も、難解なケースも多々ありますので、それはカフェで読む方が効率的な場合もあるので、そこは臨機応変に対応いただければと思います。

スポンサーリンク

⑤【過ごし方4】音声または動画で学習する

カフェはWi-Fiが設置されている場合がほとんどです。最近はチェーン店のカフェであれば、だいたいどこでもWi-Fiが備え付けられています。これを活用しないのは勿体ないです。例えばYouTubeで勉強や資格取得のための動画を見たり、audibleでビジネス書を耳で聞いたりすることができます。最近は、ネットで勉強するサービスも増えてきているので、家ではなかなか集中できないというかたは、是非カフェで利用してみるのがいいかと思います。

動画学習なら、YouTubePremiumを利用するのがオススメです!今なら無料で始められるので、詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

ネット回線がなくても、YouTube Premiumならオフラインの一時保存機能で動画が見れる!【体験談】

スポンサーリンク

⑥【過ごし方5】学習のための情報収集

これは、目標を決めた後に、必要な情報を取得するために実施するものです。例えば、年始に資格取得することを目標として設定した場合に、どこの予備校に通うべきか、検討することが必要になる場合があります。これを家で行うと、だんだんと面倒になり、結局グータラしてしまうなんてことも、、、しかし、カフェなら周りの目もありますし、横になることはできません。(うつ伏せで寝ることはできますが、、)私の場合もまさにこのようにしていて、勉強したいことが発生した場合には、カフェで学ぶための方法をまず検索して、その調べた後に、すぐに近くの書店に向かいます。そこで必要な情報を一気に集めてしまえるのが、カフェの有効な活用方法のひとつだと思います。

スポンサーリンク

⑦【オススメできない過ごし方1】YouTube(面白動画等)、SNS、スマホゲームなど

一方、これだけはオススメできないという活用方法がいくつかあります。まず、電車や家でも用意にできることは、カフェでやる必要はありません。特に、スマホゲームなんかは、どこにいてもする必要ないとは思いますが、カフェでやる必要は全くないのではないでしょうか。YouTubeの面白動画の視聴やSNS、スマホゲームには中毒性があり、なかなかすぐにはやめられません。間違いなく「時間泥棒」と言えるでしょう。できれば、カフェではスマホのアプリは閉じておき、生産性の高いことに注力することをおすすめします。時間泥棒から逃れるための法は、「時間術大全」に記載する方法が最も効果できだとおもいます。特に関連する内容としては、

  • SNSには依存性がある
  • 対処法はスマホからSNSアプリを消す

などが書かれています。気になる方は、是非一度読んでみてください。

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」 [ ジェイク・ナップ ]

スポンサーリンク

⑧【オススメできない過ごし方2】ニュースチェック

意外かもしれませんが、ニュースチェックはカフェでする必要はありません。これは、テレビのニュースを見ている人は当然不要ですし、ネットでニュースを集めている人でも、通勤中や家で休憩しているときなんかでも十分行えるからです。また、ネットニュースでは、エンタメ情報や広告なども多数表示されるため、見始めたらキリがないのです。カフェでリラックスしてながら見ると、あっという間に時間が経過してしまいますので、目的なくダラダラとニュースを見るのは要注意です。

スポンサーリンク

⑨【まとめ】

以上、いくつかカフェの効率的な活用方法を紹介しましたが、気になるものはあったでしょうか。少しでもこの記事がみなさんのお役に立って、日々の学習の生産性を上げることに繋がることを願って止みません。

※この記事がほんの少しでも役に立ったと感じたら以下を押して応援してもらえると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

❰その他オススメの記事❱

『元カフェ店員が教えるカフェの空いてる時間帯(傾向)~スターバックスコーヒー編~』

【勉強場所】ベローチェをオススメする5つの理由』

元カフェ店員がカフェの空いてる時間帯を自分なりに考察してみた  ~DOUTOR(ドトール)編~

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました