【TOEIC学習で挫折した人必見】テキスト・スクール・教材選びで迷ったらスタディサプリをやろう!メリット・デメリットは?

スポンサーリンク

TOEICの勉強で挫折したことがあるけど、もう一度チャレンジしたい、、、

でも、テキスト・スクール・教材選びで失敗したくない、、
そんな迷っている人にこそ伝えたいことがあります。

結論から、、

とりあえず、スタディサプリを試して見よう!!

スタディサプリってなに?
筆者がTOEIC学習のためにスタディサプリを使ってみたので、その内容やメリット・デメリットについて説明ていきます。

スポンサーリンク

1.スタディサプリとは

(1)概要

元々は、リクルートグループが小学生から高校生の受験勉強向けに提供している学習アプリです。今回は、こちらのTOEIC版のご紹介になります。

①学習の進め方

まず、学習の仕方、アプリの使い方について、解説動画があります。それに従って進めていくことになりますが、だいたいこのような感じです。

  • 単語は継続的に毎日実施
  • 文法→パート別対策講義→実践問

という流れです。これでだいたい、1ヶ月半で完了する目安のようです。

単語学習については、次から次へと表示される単語の意味を、4択から選んでいくもので、5秒以内に答えるのを標準とされています。1問毎にタイマーがかけられるているので、緊張感を持って取り組めるので、サクサク、集中して取り組めます。

文法については、実際のTOEIC問題を、使って、例題→解説動画→演習のように進んでいきます。

パート別対策講義については、パート1から始まり、TOEICでやく主題される傾向別の対策を学べます。
例えば、「こういう慣用句がよく使われる」とか「リスニングのひっかけ」など、普通の予備校の動画講義と変わりません。

演習問題や実践問題も豊富ですので、これらだけでもかなり得点力アップにつながることと思います。

②機能

このサービス(アプリ)の機能として、特筆すべきなのは以下の点です。

  • 学習記録や達成状況が自動で管理される
  • ディクテーションしやすい仕組み
  • シャドーイングして、自分の発音も確 認可能
  • アプリ自体が比較的軽くてサクサク進む
  • 間違えた問題やチェックした問題の復習機能がある

といった点です。学習の目標を設定して、毎日の学習時間との差がはっきりとわかります。スタディサプリ以外の学習についても登録することができるのも嬉しいです。これで、自分で学習時間を図って、メモしておく必要もないです。

さらに、ディクテーションやシャトーイングを重視しているのがとてもいいです!ディクテーションとは、英文を聞いて、そのまま書き出す作業です。実際の設問を聞いて、アプリ専用のキーボードが表示されるので、制限時間内にタップするようにして進めていきます。

さらにさらに、シャドーイングの機能ほほんとうに使いやすいです。画期的です。シャドーイングとは、ディクテーションと違い、聞こえてきた英文を自分で読み上げる作業です。この読み上げが、そのまま録音できるので、自分の発音とネイティブの発音を比較できるので、スピーキングの練習にもなります。しかも、細かい配慮がされており、声を出せないシチュエーションでは、口パクや心のなかでシャドーイングできたかを確認するでけでも先に進めるようにもなっているので、電車内等ではこの機能が大活躍します(笑)

間違えた問題は自動で保存され、不安な問題には自分でチェックすることができるので、弱点を繰り返し学べるのもオススメの機能のひとつです。

(2)料金

料金は、1ヶ月で、2,980円(税抜)となっており、半年プラン、一年プランでの契約にすると、一定の割引が適用されます。

登録してから、7日は無料トライアル可能なので、まずは登録してみてから本加入するか決めるのがおすすめです!

スポンサーリンク

2.メリット

(1)楽しくて、サクサク達成感を味わえる!

ほんとにサクサク進められます。しかも、めちゃくちゃ楽しいです(笑)気づいたら一時間くらい経過していたなんてこともあります(笑)正直、Pokémon GOと同じくらい楽しいです(主観ですが)

サクサク進むと、達成感も味わえるので、ゲーム感覚で進められるのが嬉しいです。さすが、子供向けの受験アプリが元となっいるだけはあります。

(2)関講師の講義がわかりやすい!

関講師の講義がわかりやすすぎます(笑)実際に大学受験の講義も担当している?ようなので、わかりやすいです。

しかも無駄な話もないですし、だいたい解説は1問3分~5分程度で終わるのも助かります。時おり、英語トリビアなんかも挟まれているので、全然眠くなりません。

(3)どこでも3分あれば手軽に学べる!

先に説明したとおりですが、アプリなのでどこでも、3分の時間があれば学習可能です。他のアプリでもできるかもしれませんが、他のアプリだと、英語学習全てをひとつのアプリで学べるものってあんまりないのではないでしょうか。

このアプリだと、リスニング、スピーキング、ライティング、文法、個別のパート別対策などTOEICに関係する対策が全てまとまっています。どこでも、少しの時間があれば、TOEICの全てを学べるのは本当に素晴らしいです。

スポンサーリンク

3.デメリット

特段ありませんが、強いて言えば、料金プランくらいでしょうか。1ヶ月単位のプランに入会すると、毎月2980円かかります。参考書にすると、2冊~3冊買えるお金です。それが毎月発生するのをどうとらえるかです。

独学でできるだけコストを押さえて、参考書やテキストを買って学びたい人には高いかもしれません。しかし、英会話スクールや対策講座を受講しようと思っている人にとっては、非常に安いでしょう。TOEICの対策講座だと、毎月10000円以上するものもかなりありますからね。

ただ、やはり、参考書とにらめっこして一人で勉強するよりは、スタディサプリで学ぶことで挫折防止になる可能性は高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

4.まとめ

偉そうに書いてきましたが、かくいう私も、TOEICの勉強には、何度も挫折してきた経験があります。しかし、スタディサプリは本当に楽しいので、通勤中やカフェなどでも快適にサクサク進められます。

登録から一週間は無料トライアルができるので、まずはお試しで登録してみることをおすすめします。これに関しては本当におすすめなので、勉強方法に迷っている方は是非検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました